ポポー

 聞きなれない名前かと思いますが、ポポーは今が旬の果物です。
 ポポーは北米原産のバンレイシ科の果実で、外観がアケビに似ていることや、種が柿に似ていることから、一部ではアケビガキとも呼ばれています。日本には明治時代に入ってきていたようで、戦後になって、病害虫に強いなどの理由で一時栽培が広く普及したようですが、劣化が早いことなどからその後すたれ、今ではほとんど見られなくなっています。
 果肉は黄色から薄いオレンジ色です。熟すと香りが強く、トロピカルフルーツを思わせる甘くなんともいえない香りがします。味はねっとりとした果肉でとても甘味が強く酸味は甘さに隠れてあまり感じません。
 愛媛県大洲市長浜町櫛生では「日本一のポポーの里・櫛生」を目指し、現在、地域を挙げてポポー作りに取り組んでいます。そのほか茨城県日立市では、ワインやソフトクリームなどの特産品も作られています。
 このポポーは、我が家で栽培されていて、高さは5メートルぐらいになっています。
 数年前から実をつけるようになりました。
 種を差し上げますので、ご要望の方はご連絡ください。
 ポポーの実
20160923-1
 ポポーの木
20160923-2
一覧に戻る >>

Powered by Welcart