グローバルGAP内部監査

 グローバルGAPの内部監査が行われました。
 今年からバージョン5にグレードアップしています。
 それに伴う修正や、内部の書類関係の整合性の検討などを行いました。
 東京オリンピックに向けて、日本の食糧の安全性の担保がますます問われることになります。
 有機JASとグローバルGAPが、今後の日本の当面の道筋になると思われます。
 グローバルGAP内部監査
20160926-1
一覧に戻る >>

Powered by Welcart