無施肥栽培の不思議

 NPO法人無農薬・無施肥研究会の学習会に参加した折に、興味ある図を見つけました。
 無施肥と化学肥料栽培の桑の葉を比べると、無施肥の桑のほうに蚕が移動していることが分かります。
 窒素量を比べてみると、無施肥であってもなんと窒素が減少していないことが分かります。
 これは不思議なことです。
 そして、桑自体も変化して、茎よりも葉の重量比率が多くなり、養分を取り入れる細根の割合も多くなるようです。
 今後、いろいろと交流や研究をしていきたいと考えています。
  ※ NPO法人無農薬・無施肥研究会の許可を得て、写真を掲載しています。
 桑の葉の差により蚕が移動
20161125-1
 細根の増加図
20161125-2
 桑の部位別乾燥重量の差異
20161125-3
 土壌の不思議
20161125-4
一覧に戻る >>

Powered by Welcart