龍の瞳焼酎42度

 龍の瞳焼酎42度がこのほど完成し、2月6日(月)からの発売を予定しました。
 日本の米焼酎にはほのかな甘さがあります。
 麦焼酎や、イモ焼酎のような癖のある香りはなく、いろいろなものと割って飲むには、その素材の味を引き出すのでとても良いのです。
 それにはある程度の度数がないといけません。日本には40度を超える米焼酎が余りありませんでした。なので、この際作ろうと思いました。
 龍の瞳焼酎42度の特徴は、何と言ってもその甘さです。
 お米の甘さがそのまま移っています。何せ、穂が出てすぐに咲く龍の瞳の花に、ミツバチが集まるくらいに稲全体が甘いのです。
 原材料の龍の瞳は、農薬を通常の三分の一程度に抑え、有機質肥料に特化して栽培されています。
 ミジンコやトンボ、クモ、カエルなどがたくさん住む田んぼです。生物の命が、龍の瞳に凝縮されています。
 「いのちの集まったお酒」なのです。
 飲み方は、オンザロックがお勧めです。米焼酎本来の香りを楽しんでください。
 あるいはお湯割りにしてほんのりとした香りを楽しんでください。
 梅などを入れると、さらに旨みが増します。
 龍の瞳米焼酎42度の原材料は、龍の瞳の米麹100%です。
 そして、雑味を少なくして飲みやすい「減圧式蒸留」で製造されています。
 今回は200本限定の販売で、価格は税込み3600円(720ml)です。
 あなたの特別な日に一人こっそりと、みんなが集まった時ワイワイと、それぞれのかたちでお楽しみください。
 龍の瞳焼酎42度

20170202-1
20170202-2
一覧に戻る >>

Powered by Welcart