今井隆のブログ


ブロック生産者会議(2017.03.21)

 飛騨ブロックの生産者会議を行いました。
 急な催しにもかかわらず、また、地域の行事と重なったにも関わらず、たくさんの方に参加していただきました。
 なんとかして良い龍の瞳を作りたいと、弊社に協力していこうという生産者さんの心意気を感じました。
 今年は踏ん張りどころになりますが、期待が持てる年になりそうな予感です。
 飛騨ブロック生産者会議
20170321-1

飛騨の家具(2017.03.20)

 飛騨地方は家具作りが盛んです。
 とある家具屋さんに行きました。
 無垢(一枚板)のテーブルや格調高い家具類が並んでいます。
 家具はもちろん木材で作ります。
 最後には土に還る材料なので、とても自然に優しいです。
 昔はこんなものを使っていたであろう、弁当箱もさりげなく置いてありました。
 無垢のテーブル
20170320-1
 家具のある風景
20170320-2
 弁当箱
20170320-3

おはぎ(2017.03.19)

 我が家でおはぎを作りました。
 今ではとても高級品となった「えごま」を使っています。
 ウィキペディアでは次の説明です。
 昨年はえごまの葉っぱを弊社から出荷したことがあります。
 古代から栽培されている作物なのです。
 えごまのおはぎ
20170319-1

パナソニックのジャー炊飯器(2017.03.18)

 パナソニックのジャー炊飯器「Wおどり炊き」には、米の品種ごとに炊き分けができる機能がついています。
 龍の瞳の品種名である「いのちの壱」が、新たに追加された4銘柄に加えられました。
 日本の主な品種50種の中に入ったということで、とても嬉しいです。
 これを機に、ますます頑張りたいと思います。
20170318-1

岐阜セントフィールドカントリー俱楽部(2017.03.17)

 岐阜セントフィールドカントリー倶楽部で、農業資材の打ち合わせ会議があり参加しました。
 大規模でとても感じの良いゴルフ場です。
 私はゴルフはやりませんが、こんな広々としたところで時間を過ごすことができるならいいなぁと感じました。
 ゴルフコンペの商品として、龍の瞳を使っていただいております。
 認知度も高いので評判は良いとのことでした。
 42度の龍の瞳焼酎もご紹介しました。
 岐阜セントフィールドカントリー倶楽部
20170317-1

パッチワーク(2017.03.16)

 親戚から花を描いたパッチワークをいただきました。
 齢80歳をとうに超えている人ですが、その根気は大したものです。
 私もその年齢まで生かされたとしたら、どんな趣味を持っているのでしょうか。
 将来のことは分からないにしても、どのような生き方をするのか、してきたのかは自分の意思とその結果として現実があるのですね。
 そろそろ、着地点のことも考えなければならない年齢となってきました。
 パッチワーク
20170316-1

リテールテックジャパン(2017.03.15)

 3月の上旬、リテールテックの展示会に行ってきました。
 これからはきちんと流通のヒモ付けが必要だと思います。
 どのような使用方法があるのか、今後考えていきたいと思います。

 リテールテックの展示会にて

20170315-1

20170315-2


焼酎の小瓶(2017.03.14)

 龍の瞳焼酎(25度)の小瓶です。
 表から見てと、裏から見てのショットです。
 裏絵が、瓶の湾曲のせいで大きく見えるのがミソなのです。
 龍の瞳焼酎の小瓶(300ml)
20170314-1

上原小からの「礼状」(2017.03.13)

 最近、下呂市の上原小学校の児童さんから龍の瞳を食べた感想が届きました。
 本来はお礼の電話などをしなければならないのですが、かまけていただきっぱなしになっています。ありがとうございます。

 上原小からの「礼状」

20170313-1


お客様(2017.03.12)

 東京から弊社にお客様がありました。
 みっちりと帳簿の打ち込みなどを行っていただき、夜には酒宴となりました。
 一次会で龍の瞳純米吟醸酒と42度の焼酎を飲んでいただいたところ、とても美味しいと好評でした。
 特に42度の焼酎は「これがウイスキーだったら、ピリピリと来るのに、ストレートでも喉にまろやか」との評価をいただきました。
 二次会は私の好きな「五がつ」。山形県の「十四代」があったので、少し飲ませていただきました。
 サバ、あおさのてんぷらなど、つまみも最高でした。
 十四代
 20170312-1
 サバ
 20170312-3
 あおさのてんぷら
 20170312-2

Powered by Welcart