月別アーカイブ: 2016年4月

龍の瞳の看板

2016/4/30

 国道41号線を高山市から下呂温泉方面に車で南進して40分ぐらいのところに、株式会社龍の瞳があります。
 下呂温泉までは25分ぐらいかかります。
 現在は、看板が設置されていますので、会社が分かりやすくなりました。
 以前ご紹介しましたが、高山方面に1.5kmぐらい戻った地点にも、予告の看板が設置されています。
 その成果、心持ち、お客様のご来店が増えています。
 看板を見かけられましたら、ご来店くだされば幸いに存じます。
  新しい看板
20160430-1
20160430-2

リゾット

2016/4/29

 リゾットはイタリア料理です
 これは広島三越内で営業されているイタリアレストラン、アル・ケッチァーノの奥田政行シェフが直接作っていただいた作品で、メニューにないリゾットです。レモンがかかった、貝のリゾットは
すっぱくて食が進みます。また、もう一つの皿はキノコのリゾットです。食材の味を生かすために、何れも塩味は押えてあります。
 拘りは山形県庄内町を中心にした食材を使用するとのことです。龍の瞳を使っていただけないのが残念です。
 銀座などにもお店を持たれています。
 奥田政行さんの手作りリゾット
20160429-1
20160429-2

苗箱

2016/4/28

 苗が随分と大きくなってきました。
 この苗は、5月6日田植え予定です。
 会社として初めての苗作りでしたが、一般的な苗としては上手くいったと思います。
 4月8日に種まきをした苗なので、20日経過したことになります。

 現在の苗

20160428-1

法律事務所

2016/4/27

 韓国の法律事務所を訪問しました。
 韓国に龍の瞳の品種名である「いのちの壱」の種苗権と「龍の瞳」の商標権を取得しているためです。
 今後に向けて、 綿密な打ち合わせを行いました。
20160427-1
20160427-2

家庭料理

2016/4/26

 韓国の田舎の飲食店に入りました。
 この写真の料理、量は少ないのですが22種類もあり、これで3人分程度。サンマも追加で出てきました。
 しかも食べてなくなったら、その種類ごとに一皿ずつ補充してくれるのです。
 つまり食べ放題なのです。
 これで一人分が700円にしかならないといいます。
 とても満足しますね。
 韓国人は食べる量が半端ではない感じがしました。男性はおなかの出ている人が多い感じです。
 お米の消費量は、以前の半分程度になってしまっていて、米余り現象が顕著。
 お米に関しては関連商品も含めて、関税が500%なのです。これでは日本から食品の輸出がないことが理解できます。
 韓国の飲食店にて
20160426-1
20160426-2

Webマガジン創刊! 龍の瞳の魅力がいっぱい!!

2016/4/25

bn_shokutaku

龍の瞳をもっと美味しく、料理がもっと楽しくなるWebマガジン「りゅうの食卓」が創刊しました。

Webマガジン「りゅうの食卓」は、この龍の瞳公式サイトだけで読むことができます。

龍の瞳をご愛顧いただいている方々より寄せられた情報をもとに、編集・構成しています。

Webマガジン「りゅうの食卓」は次の6つのコーナーで構成されています。

  • 美味しい炊き方
    • 龍の瞳を美味しくいただくための、いろんな炊き方をご紹介していきます。
  • りゅうのレシピ
    • 龍の瞳を使った料理のレシピを大公開! ぜひ、お試しください。
  • 龍の瞳のはなし
    • 龍の瞳に纏わる、様々なエピソードをご案内していきます。
  • ご当地ごはん
    • 全国から寄せられた、その土地の美味しいごはんをご紹介していきます。
  • 我が家の食卓
    • 龍の瞳をご愛顧いただいている方の食卓をちょっと拝見。
  • モニターレポート
    • 龍の瞳モニターから寄せられたユニークな情報をご案内していきます。

Webマガジン「りゅうの食卓」は、定期的に更新されます。ぜひ、ご覧ください。

龍の瞳 誕生物語

P1120639

その発見は突然の出来事でした。
2000年秋の昼下がり、稲の生育を確認するためにコシヒカリの田んぼの見回りをしていたとき、とびぬけて背の高い変わった稲がありました。まるで、その稲がオーラを出しているかのように引き寄せられました。
その稲をよく見ると籾(もみ)は他品種の1.5倍ほどの大きさでした。のちに「いのちの壱」と命名される新品種の発見です。

翌年その新品種を栽培し、収穫して炊いてみました。ポッポと立つ湯気は瞬く間に部屋中に芳しい香りを充満させました。
フタを開けるとたくさんの「カニの穴」があり、混ぜるとすぐに釜に薄い糊がつきました。つやつやしたご飯を一口食べ、大変驚きました。お米の甘さ、香ばしさ、粘りなど、今までのご飯の概念にはない美味しさでした。冷めても表面が固くなりません。
この不思議な種もみを丁寧に試験栽培し、遺伝子調査を依頼しましたがその親は特定できませんでした。

この続きは、「龍の瞳について」をご覧ください。

韓国

 韓国に旅行に行きました。
 新幹線にも乗りました。この車両はフランス製で重い荷物を持って乗り込むには段差があり、大変でした。
 速度は時速300キロメートルまででますが、少し揺れます。座席は4列なので、日本よりも狭い感じです。
 食べ物は魚介類が新鮮で、キムチなどもおいしかったです。玉ねぎのキムチが出てきたので驚きました。
 あまりこってりとしたものはなく、されど日本のようにあっさりしたものもない、いわば日本と中国の中間のような感じの食文化なのでしょう。
 韓国の新幹線
20160425-1
20160425-4
 居酒屋の風景
20160425-3
 玉ねぎのキムチ
20160425-2

みのる産業の田植え機

2016/4/24

 みのる産業では、ポット育苗専用の田植え機を作っています。
 穴に一粒か二粒しかいれないので、丈夫な苗ができます。
 根を切ることもないので、すぐに活着します。
 初期生育が違うのです。
 龍の瞳にも何れは導入したいと考えています。
  ポット育苗箱
ポット448育苗箱
 みのる産業の田植え機
20160424-1

だし茶漬け

2016/4/23

 今、だし茶漬けが流行っているようで、都会に行くといろいろなところでお店を見かけます。
 日本食文化が見直されての結果か、あるいは単に簡単だからと流行っているのか、わかりません。
 バリエーションも多く、次は何を食べようかなと興味をそそられます。
 都会で見つけた「だし茶漬け」の看板
20160423-1

Powered by Welcart