月別アーカイブ: 2016年10月

旗を立てました

2016/10/31

 早いもので10月もあと一日となりました。
 弊社の会計年度は10月1日から始まります。
 何とか1カ月乗り切ってきました。
 弊社の場所が分かりにくいということで数カ月前に看板を立てましたが、会社は分かっても龍の瞳を「販売」をしていない、と思われる方もたくさんいらっしゃったようです。
 そこで「売店」という文字を張り出しました。それからは、心持、ご来客が多い感じです。
 ただ、文字が少し見えにくいので、文字と背景を変えようと思っています。
 また、本日、龍の瞳の旗を弊社の国道入り口と看板横に立てましたので、少し目立つと思います。
 ぜひ、ご訪問いただき、新米や日本酒などをお求めいただければ幸いです。
 旗
20161031-1
20161031-2

切り株と水源

2016/10/30

 20年ほど前は、飲み水として使用していた水道タンクの清掃に行きました。
 杉が水道小屋の屋根に食い込んできたので、伐採しました。
 丸い切り株がそれで、年輪を数えたら63年ほどでした。
 大体、私の年齢くらいです。
 小屋の反対側にある杉も切りましたが、こちらは小屋を作るために切り株の北側の土を大量に除いています。
 こちらも年輪が60年ほどありましたから、同時期に植えたものと思われます。
 丁度、手袋の上あたりに年輪の中心があります。
 随分と楕円形になっていますし、ほぼ同じ年数が経過しているとは思えないくらい、大きさに違いがあります。
 そこではたと気が付きました。
 杉はとても水を好む木です。
 大きな切り株はまんべんなく根を張り、水がしたたり落ちる場所に育ったので、すごく成長しているのです。逆に、楕円の杉は、幅の狭い方に水道の小屋がありその下がコンクリートなので水分も養分も吸えなかったのです。だから楕円が伸びた先に水が地下に浸透する水路があるので、大きく育ったのでしょう。
 根のある方が育つということは、根と幹が直接つながっている証です。
 これは私にとっては、すごい発見でした。
 そういえば、植物の根と花(実)は直接つながっているようです。私たちは地上にある茎や実、葉っぱを中心に作物を見てきましたが、これからは「根」です。
 根をしっかりと研究しなければならないと思っています。
 ところで、とても良い水でしょう。雨水が土にしみ込んで、動物の糞などもあるのですが、浄化されるのです。土は殺菌力を持っているのです。土というより、土の中の微生物です。
 とても不思議な出会いをした、一日でした。
 杉の大きな切り株
20161030-1
 杉の大きな切り株と隣人
20161030-01
 杉の楕円形の切り株
20161030-2
 簡易水道の水
20161030-3
 簡易水道全景
20161030-4
 水路を流れ落ちる水
20161030-5

あきしまささげ

2016/10/29

 あきしまささげはいんげんの仲間で、岐阜県高山市丹生川地区を中心として、古くから作られていました。
 2002年に、飛騨・美濃伝統野菜に認定されています。縞模様が特徴で、昼と夜と気温差が大きいほど色濃く表れます。
 この縞模様はゆでると消えてしまうために、丹生川の地元では「湯上り美人」とも呼ばれているそうです。
 アントシアニンとルチンも多く含まれていているので、栄養的にも助かります。

 あきしまささげ
 20161029-1

グローバルキャップ監査・検査の講評

2016/10/28

 4日日間にわたって行われました、グローバルGAP監査・審査が終了しました。
 指摘事項も少なく、何とか取得できる予感ですが、まだ手を抜くことはできません。
 ある大手の企業さんが農家検査の視察同行をされました。
 異業種からの農業関連分野への参入ということになります。
 弊社でも協力できることは行いたいと思っています。
 グローバルGAP講評の風景
20161028-1
20161028-2

龍の瞳を食べてから他のお米が食べられなくなる….

2016/10/27

龍の瞳を食べてから他のお米が食べられなくなる程、大好きになり、それから他では購入してません。
こんなに美味しいお米があるなんて知りませんでした。お米は好きではなかったのですがこちらで購入してからお米が大好きになりました!!

神奈川県藤沢市 A様

お米を食べて感動したことを忘れられず、再購入しました…

初めて購入したときに、お米を食べて感動したことを忘れられず、再購入しました。今後もこだわりのお米作りをお願いします。

東京都世田谷区 N様

ミニトマト

 弊社の無農薬・無施肥のミニトマトが生長を続けて、とうとう4m85センチという「トマト長」になりました。
 すごい生命力ですね。
 味は相変わらず、嫌みがなくてあっさりとしています。
 たくさん食べても飽きることはないです。
 ミニトマト
20161027-1

日本電解水協会「第8回セミナ−」で(株)龍の瞳代表取締役今井隆が講演

2016/10/26

 電解水とは農林水産省、環境省より電解水の防除効果と安全性が認められ「特定農薬」としての 指定を受け、本格的に農業分野への取り組みが始まったものです。
 2016年11月4日(金)に「一般社団法人日本電解水協会 第8回電解水セミナー」が開催予定となり、弊社代表取締役今井隆が講演を行うこととなりました。
 今年は農業と食品の各分野における電解水の現状を詳しく発表されるとのことです。
一般社団法人日本電解水協会

日 程:
平成28年11月4日(金) 時間:10:00〜17:00
午前9時30分開場・午前10時開会
会 場:
きゅりあん(品川区立総合区民会館) 7Fイベントホール
所在:東京都品川区東大井5-18-1 TEL:03-5479-4100
参加費:
事前申込:5,000円
当日申込:6,000円
%e9%9b%bb%e8%a7%a3%e6%b0%b4%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e6%97%a5%e7%a8%8b

龍の瞳 純米吟醸酒 販売開始

龍の瞳100%使用「純米吟醸酒」の販売を開始しました。

TokaiWalker 11月号

最終ページの東海遺産で「奇跡的な発見から一躍人気ブランド米に!」と題して龍の瞳が紹介されました。

Powered by Welcart