月別アーカイブ: 2017年2月

劇的に美味しさが変わる…

2017/2/28

今回、お米はさることながら日本酒の美味しさにビックリしました!スッキリ爽やかで辛口なのにほんのり甘さもあり上品。今後も楽しみです。
あと味醂も見たことのない琥珀色でお味噌汁にほんのちょっと入れるだけで劇的に美味しさが変わるので感動しました。

東京都東村山市 O様

お礼の手紙

 小学生からお礼の手紙が送られてきました。
 龍の瞳の寄付も、3月末で一応終了します。
 子どもたちは一生懸命に感想を書いてくれています。
 大きくなって龍の瞳のことを思い出してくれたら嬉しいです。
 子どもたちからのお手紙
 20170228-001
20170228-002

家族皆で、大切に…

いつも美味しいお米を有難うございます。
家族皆で、大切に頂いております。
龍の瞳の開発、生産、販売に携わる方々に、これからも頑張っていただきたいと思っております。
以上、お礼方々。

兵庫県宝塚市 匿名 様

こちらのお米以外買いません

2017/2/27

こちらのお米以外買いません!!

兵庫県芦屋市 A様

こんなにもお米が美味しいものだと感激

母の希望で御社のお米を知り、今では他のお米が食べられない位龍の瞳を愛用しています。
炊き込みご飯をすればおこわの様に、おにぎりにしたら、冷めても美味しい。こんなにもお米が美味しいものだと感激しました。

京都府京都市 I様

龍の瞳の発見田

 龍の瞳(品種名・いのちの壱)を発見した田んぼです。
 2000年9月のことですから、今から17年前です。
 当時は44歳、まだ働き盛りでした。
 この間、長いのは長いのですが、夢のような月日でした。
 頭の中のかなりの部分が龍の瞳一色になり、何かしら自分の人生ではないような、家族のいないようなそんな日々でした。
 見つけた以上は、宿命だったのでしょうね。
 不思議な感覚です。
 龍の瞳の発見田
20170227-1
20170227-2

商談会

2017/2/26

 東京の錦糸町駅前にある墨田産業会館で、お米マイスターさん対象の研修会会場での商談会。
 ほとんど毎年来ています。
 今回は龍の瞳の純米吟醸酒、焼酎も登場しました。
 弊社の「進歩」です。
 たくさんの出会いがありました。
 今年の商談会
20170226-1

銀座

2017/2/25

 銀座に行きました。
 デパートも回りました。
 時々、焦燥感を感じることがありますが、販売店を訪れると妙に元気になります。
 また来たくなる街です。
 銀座の一コマ
20170225-1

フレンチ

2017/2/24

 東京で龍の瞳をフレンチに使っていただいている、とあるお店を尋ねました。
 今後の海外進出について、打ち合わせをしながらフレンチに舌鼓を打ちました。
 龍の瞳のリゾットもとても美味しいかったです。龍の瞳の説明もきちんとしていただいていて、嬉しかったです。
 前菜の盛り付けが芸術品のようでした。
 フレンチの前菜
20170224-1
 龍の瞳のリゾット
20170224-2

下呂駅

2017/2/23

 東京方面と言わず、大阪にも名古屋にも下呂駅から出発していました。
 その後、会社の最寄り駅である飛騨萩原駅からも出発するようになりました。
 四年前から毎月のように出かけています。
 そろそろ卒業したいのですが、なんやかんやと用事ができるのです。
 随分と取引先が増えてきました。
 改めて下呂駅前を眺めました。
 あまり感じていませんでしたが、立派な建物ですね。
 何人ものご来客をお迎えした、下呂駅改札です。
 下呂駅前
20170223-1
 下呂駅改札
20170223-2
20170223-3

Powered by Welcart