クレジットカードのセキュリティコード(CVV2/CVC2)とは

クレジットカード・セキュリティコードとはクレジットカードによる決済処理の際に、クレジットカード番号とは別のセキュリティコードを入力することで、不正利用リスクの軽減を図るものです。

メリット

・ クレジットカード・セキュリティコードとは、クレジットカードの裏面または表面に記載された3桁もしくは4桁の番号を指します。
  ※クレジットカード・セキュリティコードは、カード会社により表示箇所および名称が異なります。(下記図参照)
・ クレジットカード・セキュリティコードはクレジットカード利用伝票や明細書に記載されることはありません。
・ クレジットカード・セキュリティコードは実際にクレジットカードを持っているカード会員のみが知ることをできるため、オンライン上でのクレジットカード決済時に不正利用対策を高めることができます。

表示例

VISA/Master/JCBカード:カード裏面

VISAでのクレジットカード・セキュリティコードはCVV2(Card Verification Value)と呼ばれています。
クレジットカード裏面の署名欄に記載されているクレジットカード番号の後に記載された3桁の番号がCVV2を指します。

Masterカードでのクレジットカード・セキュリティコードはCVC2(Card Validation Code)と呼ばれています。
クレジットカード裏面の署名欄に記載されているクレジットカード番号の後に記載された3桁の番号がCVC2を指します。

JCBカードでのクレジットカード・セキュリティコードはクレジットカード裏面の署名欄に記載されているクレジットカード番号の後に記載された3桁の番号です。

Dinersカード:カード裏面

Dinersカードでのクレジットカード・セキュリティコードはクレジットカード裏面の署名欄に記載されているクレジットカード番号の後に記載された3桁の番号です。

American Expressカード:カード表面

American Expressでのクレジットカード・セキュリティコードはCID(Card Identification Number)と呼ばれています。
クレジットカード表面のクレジットカード番号の右上に記載されている4桁の番号がCIDを指します。

注意事項

日本国内の全てのクレジットカード発行会社が、クレジットカード・セキュリティコード(CVV2/CVC2)対策を施しているわけではありません。

※ クレジット決済代行サービス ZEUS から引用(http://www.cardservice.co.jp/service/creditcard/csc.html)

Powered by Welcart